過剰なタンパク質摂取と大豆の摂りすぎで女性化乳房を発症

過去に発症した私の話

私は過去に女性化乳房を発症したことがあるのですが、自身でそれを実感したのは大学生になった時でした。
自分が目標にしていた大学に合格し、これからのキャンパスライフをどう過ごそうかと楽しみに摸索していた頃でした。
ワクワクした気分でいっぱいだっただけに、自分の体の異変に気付いた時はとてもショックでした。
気付いたのは自宅でシャワーを浴びた後で、タオルで体を拭いた際、胸に違和感を覚えました。
鏡で確認すると右胸だけふっくらとしている感じがあり、触ると痛みをあるのでひょっとしたら乳がんではないかと思いました。
乳がんは女性だけでなく、男性でもなる可能性があると聞いていたので不安になりましたが、病院に行く勇気はありませんでした。
しかし、右胸のしこりをそのまま放置すると、だんだんとしこりは大きくなってきて痛みも強くなってきたのです。
そして同時に胸自体も大きくなってきて、右胸だけが女性の胸のようになりました。
その時、これは乳がんではなく女性化乳房であることがわかりました。

過去に発症した私の話たんぱく質の取り過ぎにも注意が必要男性の乳がんは少ない